一般社団法人 日本食文化会議

役員officer

会長 兼 理事 兼 運営委員長

松本 栄文 Sakafumi Matsumoto

JFCF理事長。花冠「陽明庵」主人、作家。一般財団法人清櫻堂書院理事長

略歴
花冠「陽明庵」主人、作家。著書『SUKIYAKI』では料理本アカデミー賞と称されるグルマン世界料理本大賞2013「世界№1グランプリ」を受賞。『日本料理と天皇』では同世界大賞2015の最高位「殿堂」(HALL OF FAME)に輝き、続く創設20周年記念祭典「創設最高賞」をW受賞。『1+1の和の料理』では同世界大賞2017「世界№1グランプリ」を受賞し、創設史上、世界最多の四冠制覇の偉業をなした。

理事長

上杉 孝久 Takahisa Uesugi

旧米沢新田藩主、上杉子爵家9代目当主。有限会社佐奈井代表取締役

略歴
学習院大学法学部卒、40年間、色々なタイプの日本酒を中心とした飲食店を経営した。
現在も日本酒の新しいマーケットを広げるために、執筆活動や年間100回を超える講演・講座を行っている。ライフワークの日本酒の歴史を調べる事をこれからも続けていきたい。
【著書】
『日本史がおもしろくなる日本酒の話』(サンマーク文庫)など。
「いいね!日本酒」(WAVE出版)他

専務理事

佐藤 容紹 Hirotsugu Sato

地域創成プロデューサー

略歴
長年一次産業に関わる傍ら、妻三由樹夫人の祖父が民俗学の祖である宮本常一氏の孫であったことから、古来の日本食文化と伝統にある本質と原理原則を学ぶ機会に恵まれた。水産業・農業・伝統工芸品・キャンプなど、様々角度から地域に関わり、現在も地域の行政・事業者・金融機関と連携して、経済的、社会的な活性化をさせるための活動を行っている。

常務理事

小林 洋志 Hiroshi Kobayashi

株式会社博報堂 MDX戦略局 プロデューサー

略歴
1981年入社、東京スカイツリーを中心とする「ライジング・イースト・プロジェクト」、横浜ランドマークプラザ等の都市開発、東京ミレナリオ、東京ホタルなどの大型地域イベント、スポーツ振興くじtoto事業の立上げ等を担当。東京2020推進室、ビジネスインキュベーション局等を経て現職。一般社団法人 国際文化都市整備機構 常務理事。著書に「ソーシャル・ブランディング」2014年、「ポスト2020の都市づくり」学芸出版(共著)2017年ほか。1957年、東京生まれ。

理事

安間 信裕 Nobuhiro Anma

市民活動家・民俗学研究家

略歴
全国の神社仏閣に神麻の注連縄・鈴の緒を奉納する有志の会 幹事。失われつつある伝統としての国産大麻の普及活動に努めるかたわら、日本の武具甲冑や古代織自然布の収集・展示などを通して、古来より日本人が育んできた素晴らしい伝統文化と豊かな心・感性を後世に伝える草の根活動を行なっている。

理事

入江 亮子 Ryoko Irie

料理研究家 温石会主宰

略歴
佛教大学文学部(現仏教学部)仏教学科卒。四季をいかした懐石料理・郷土料理・精進料理・節句料理を教えるほか、茶事の出張料理、地域の特産品開発、メニュー開発などを行っている。江戸懐石近茶流正教授。唎酒酒師・日本酒学講師・酒匠として、日本酒と料理のマリアージュも数多く提案。カルチャースクールなどでの日本酒講座も多数。

理事

奥田 政行 Masayuki Okuda

アル・ケッチャーノ オーナーシェフ

略歴
2000年、山形県の地元食材で作るイタリア料理の店「アル・ケッチァーノ」を、2007年にはカフェ&ドルチェをメインとする「イル・ケッチァーノ」をオープン。ハンガリーやアメリカのホテルでフェアを開催するなど、独創性に富んだ料理は海外でも高い評価を得る。山形県庄内総合支庁「食の都庄内」親善大使を務める他、庄内浜文化伝道師マイスターにも認定。2009年、「ヤマガタ サンダンデロ」を銀座にオープン。

理事

加藤 敏明 Toshiaki Kato

加藤水産三代目・和食懐石「蟹鮨 加藤」店主・建築家

略歴
北海道生まれ。日本食文化を世界に発信する舞台装置として和食懐石「蟹鮨 加藤」をプロデュース。得意領域は北海道グルメのブランド開発、趣味は海外旅行・グルメツアー・現代アート。1998年「北国からの贈り物」を創業。楽天市場、Yahoo!ショッピングにて年間グランプリを連続受賞しEC業界のリーディングカンパニーとして評価される。2018年「加藤水産」代表取締役に就任。2019年Amazon Japan「にっぽんをつなぐ」プロジェクトに参加。現在、北海道国際流通機構理事・WAOJE東京理事

理事

上林 三入 Sannyu Kanbayashi

上林三入16代目御物御茶師

略歴
創業天正年間、御禁裏御用、豊臣秀吉、徳川家康の御物御茶師という歴史と伝統を今に受継ぐ老舗三星園「上林三入本店」の主人。全国茶審査技術競技大会六段認定鑑定士。御茶の心を次の世代に伝えるために、歴史的文化資料の公開や抹茶の体験教室、各地での講演などを行っている。

理事

並木 麻輝子 Makiko Namiki

料理ジャーナリスト、ヨーロッパ郷土料理・菓子・食文化研究家、株式会社オフィス・フェーヴ 代表取締役

略歴
パリ料理学校ル・コルドン・ブルーの製菓・料理上級課程修了。ヨーロッパ各地の料理・菓子を自ら取材・撮影(ヨーロッパ120都市、約2万点以上の料理写真を所有)した経験を生かし、自書、雑誌、ガイドブック等に記事執筆・写真の提供を行なう。コメンテーター、生涯学習クラスやカルチャースクール講師、テレビ/ラジオ番組製作コーディネーター、レストランや食品会社アドバイザー、講演など、食関係のあらゆる分野で活動中。

理事

平出 淑恵 Toshie Hirade

酒サムライ コーディネーター

略歴
1983年、民営化前の日本航空(JAL)に入社。国際線担当客室乗務の傍ら1992年ソムリ エ、1997年シニアソムリエ資格取得。JAL在職中の2007 年に、社外活動として、若手の蔵元の全国組織「日本酒造青年協議会」 の酒サムライ活動に参画し、世界最大規模のワインコンペティション(IWC)に日本酒部門創設。2010年希望退職。2011年、日本酒のグローバル化から酒処へのインバウンド誘客を目指す「株式会社コーポ幸」代表取締役に就任。

理事

藤井 雅人Masahito Fujii

数寄屋建築家

略歴
代々、和風建築や茶席を、設計施工しています。明治、大正、昭和の数寄者仰木魯堂の流れを組み、財界人、文化人、骨董商、料亭、美術館等の数寄屋建築を、手掛けています。また、古建築の移築、改修や修繕も行います。

理事

堀内 議司男 Gishio Horiuchi

茶道家

略歴
茶名は壷中庵・宗長。遠州茶道宗家で茶道を修行。式正の茶会からカジュアルな茶会まで自由自在に演出。時代を先取りした茶風はマスコミにも取り上げられている。また、武士の視点・美意識から見た日本文化を探求、再構築をテーマに活動している。

理事

マッキー牧元(牧元裕之) Mackey Makimoto

書味の手帖取締役編集顧問、タベアルキスト

略歴
「食ジャーナリスト」マッキー牧元

監事

川嶋 舟 Schu Kawashima

東京農業大学農学部准教授

略歴
誰もが自分の価値を許容される社会となることを目指し、ホースセラピーのプログラムの開発、実践および教育研究を行なう。新たな就労モデルの構築や就労支援の新たな「職」のモデル開発も行う。訪問介護の枠組みの中で養蚕を行う「訪問かいこ」事業の展開もはじめるなど農業と福祉の連携(農福連携)や、関連する領域を複合的に取り扱う必要から地域デザインに取り組み、地域を活性化するきっかけをつくることも積極的に行う。

監事

松本 殊和 Kotowa Matsumoto

究和エンタープライズコンコード株式会社 代表取締役

略歴
経営コンサルタント、セミナー運営など幅広い事業展開をしている。

顧問

梅辻 諄 Jun Umetsuji

賀茂縣主

略歴
上賀茂神社旧社家・賀茂七家の一つである梅辻家38代当主。京都大学理学博士。元大阪経済大学教授。天文学者(国際天文連盟会員)。現在、京都市文化財梅辻家掃部頭、大膳頭を務めるほか、一般財団法人梅辻家住宅保存会の小使。
【著書】
『宇宙を観る』『京都お天気歳時記』等

顧問

杉原 康子 Yasuko Sugihara

旧備中足守藩木下家7代目家老・杉原壽男の曾孫。市民団体備中足守竹取物語代表

略歴
備中足守藩大名庭園・近水園(おみずえん)の江戸期の景観復元をめざして2007年(平成19)市民団体・備中足守竹取物語を立ち上げ、月1回の竹藪伐採草刈り等整備活動を継続している。
現在は木下家古文書、杉原家古文書の整理を通じて、足守の歴史・文化の掘り起こしと継承に努めている。特に地域の生産物、行事、食に関する記述に興味大。

顧問

竹田 恒泰 Tsuneyasu Takeda

作家

略歴
昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。平成18年(2006年)『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『現代語古事記』など多数の著書を上梓している。また、全国17ヶ所で開催している「竹田研究会」を含め、年間200本以上の講演を行っている。

顧問

秦 めぐみ Megumi Hata

京都秦屋主宰

略歴
京都市生まれ。生家秦家住宅は18世紀半ばから近年まで薬種業を営んでいた商家で明治2年上棟「表屋造り」の京町家。京都市有形文化財登録。96年から一般公開し生活習慣や年中歳時など伝えながら維持保存に携わる。
【著書】
『京の町家おりおり季節ごはん』(扶桑社)等

顧問

寺田 紳一 Shinichi Terada

京都料理組合組合長、西陣魚新主人

略歴
昭和32年京都市生まれ。昭和58年西陣 魚新入社。有職式包丁の流れを汲み、御所の大礼にお祝い料理を御用達した、安政2年から続く西陣の老舗「宮廷料理 西陣魚 新」の8代目。
創業安政二年、宮廷料理、有職料理の伝承・継承につとめ、当代八代目。大正・昭和天皇の大礼。即位“大響の宴”、上皇降下の京都茶会等数々の御下命をいただく。現在に有職という立場から、その時季にもっとも豊穣な美味しい素材を使い、想いをこめて料理をしております。
一般社団法人日本国際レストラン協会理事

顧問

福田 順彦 Fukuda Nobuhiko

株式会社東急ホテルズ常務執行役員/総料理長、セルリアンタワー東急ホテル総料理長

略歴
1957年生まれ。2001年、セルリアンタワー東急ホテル開業時に総料理長に就任。以来ホテルの食に関する総合プロデューサーとして料飲部門を牽引、統括。
「文化交流」をテーマに料理界はもとより文化人・オペラ歌手・ワイン醸造家など各界著名人との親交も深い。食を通じて子どもの「食の自立」と「五感の育成」を目指す食育活動にも積極的に取り組んでいる。
一般社団法人「日本エスコフィエ協会」第7代会長
「フランス農事功労章協会(MOMAJ)」第6代会長
【受賞歴等】
フランス共和国政府より、2008年農事功労章―シュヴァリエ、2019年同オフィシエ受章。2019年、厚生労働大臣より「現代の名工」受章。

顧問

生間 正保 Masayasu Ikama

日本式庖丁道生間流30代目家元

略歴
京都上京区にて有職料理「萬亀楼」店主。宮廷料理、有職料理、武家料理を今に伝える継承者。生間流は後陽成天皇の弟君、八條宮(秀吉養子となり桂の方に八条宮家を名乗られ、後の桂宮で今の桂離宮)に仕え、その後、京極宮家、有栖川宮家に奉仕した庖丁道の流派である。

参与

木村 宗慎 Soshin Kimura

茶道家・芳心会主宰

略歴
昭和51年生まれ。愛媛県出身。神戸大学卒業。少年期より茶道を学び、平成9年に芳心会を設立。
京都・東京で稽古場を主宰しつつ、茶の湯を軸に、懐石や古美術などに関する執筆や各種媒体、展覧会などの監修も手がけ、多角的に茶道の理解と普及に努めている。
学校法人環境造形学園・専門学校ICSカレッジオブアーツ理事。日本ペンクラブ、日本文藝家協会会員。うわじまアンバサダー(愛媛県宇和島市)。砥部焼大使。
著書に『一日一菓』(グルマン世界料理本大賞2015受賞)、『茶の湯デザイン』など。
【著書】
『一日一菓』(2014)新潮社。
『茶碗と茶室‐茶の湯に未来はあるか』(2012)新潮社 共著
『利休入門』 (2010)新潮社。
ペンブックス6 『千利休の功罪』(2009)Pen BOOKS 監修
ペンブックス5 『茶の湯デザイン』(2009)Pen BOOKS 監修
『所作美人』(2007)サンマーク出版

参与

宮川 順子 Junko Miyagawa

一般社団法人MIIKU日本味育協会代表、味覚/調理理論 講師

略歴
長男のアレルギーを機に手作り料理に専念。茶話会の延長で料理教室を開講後、専門知識取得のため様々なセミナーに参加、各種資格を取得。味覚及び調理理論の研究過程で食の安全にかかわる様々な問題を知り、家庭料理の重要性を痛感。安心安全で健康を守る食を広めるため協会を設立。現在は「味・味覚・おいしさ」にまつわるセミナーで講師を務めるほか、資格試験講座のテキスト執筆、商品開発、食による地域活性なども手掛ける。

参与

木村 ふみ Fumi Kimura

食環境プロデューサー

略歴
ニューヨーク、ロンドンにてフローラルデザインを学んだ後、テーブルセッティングとカラーコーディネートを学ぶ。国内外のホテルやレストラン、旅館、料亭等のテーブルトップコーディネートをはじめ、コンサルティング、空間装飾・演出を手掛ける。2000年九州・沖縄サミットでの首相主催夕食会ではテーブル装飾を企画制作。現在では企画・デザイン・アートディレクションを含むトータルな食環境プロデューサーとして活動中。

参与

山上 昌弘 Masahiro Yamagami

一般社団法人ジャパンビアソムリエ協会代表理事

略歴
総合食品企業の酒類研究部門にて、飲料・調味料の研究開発、麹の研究などに従事したのち、飲料講師、カフェコンサルタントとして独立、食の専門学校や教育機関などにおいてのべ1万人以上を指導。
・日本食文化会議理事
・ジャパンビアソムリエ協会会長
・東京成徳大学 御茶講師
・日本ドリンク協会代表
・SAKE DIPLOMA、ソムリエ
・式正織部流茶道 日本茶インストラクター

事務局長

赤崎 一浩 Kazuhiro Akazaki

産経新聞東京本社新プロジェクト本部部長

略歴
北海道札幌市出身、平成元年産経新聞社入社。販売局、産経デジタル、経営企画室を経て、平成27年5月から新プロジェクト本部、現在に至る。産経新聞グループ内の新規事業の企画、開発に携わり、異業種交流会などで外部パートナーとのネットワークを構築、独自ツアーやイベント企画、商品開発を中心に新たな収益を組成する部門を統括。

一社)日本インバウンド連合会専門委員

ページの先頭へ