一般社団法人 日本食文化会議

挨拶message

会長

松本栄文Sakafumi Matsumoto

毎年数百冊の料理本が出版されるなかで、後百年先に残るべき書籍は何冊あるものなので御座いましょうか。きっと二百年前の江戸時代に書かれた料理本が今に伝わるよりも、遥かに少ないような気が致します。それは一冊一冊の著書に「読者へ何かを伝えたいと思う著者の哲学が少ない」からです。日本人は他国異文化を独自文化と融和しながらも、伝統的な大饗料理、有職料理、本膳料理、懐石、懐石料理、会席料理から、異国文化の受容により考案された洋食(ナポリタン、餡パン)、焼餃子、ラーメン、カステラ、どら焼き、ショートケーキなど、正に文化を「和(あえる)力」をもって日本人特有の食文化を築いて来ました。

こうした“世界に類を見ない”日本人の多様的食文化を百年先の日本人へ伝えるためにも、一文字一文字に信念を込め、日々日頃より御活躍なさっておられる“著作家同志が集結”することは、真の文化継承に寄与するとともに国際的文化交流にも貢献するものと信じております。百年先の日本人に「今」を伝えたい。そう思う己の役目から『一般社団法人日本食文化会議』を設立した次第です。私たちは伝えたい「誇り」と「役目」があるからこそ、今を活動致します。

理事長

上杉孝久Takahisa Uesugi

文化と言う言葉の定義を調べてみると「人類の理想を実現していく、精神の活動。技術を通して自然を人間の生活目的に役立てていく過程で形づくられた、生活様式およびそれに関する表現」(岩波国技辞典)とあります。これを「食」で考えてみると「食文化」となります。つまり日本の食文化とは、われわれ日本人の歴史に沿って進化してきた「食物」を中心とする生活様式なのです。さらに日本の食文化には、他民族の食物や料理も同化する力がありました。

私の専門分野の日本酒で言えば、大陸から入って来た麦麹を使ったアルコール発酵が、いつの間にか日本独自の米麹を使ったアルコール発酵になり、千数百年の間にさらに進化して、現在の日本酒として続いています。
 この食文化の歴史の流れは、日本人として「受け継ぎ」「守り」「育てて」「伝える」べきもので、それこそが日本食文化会議の存在意義なのです。

運営委員長

山上昌弘Masahiro Yamagami

「心と身体は、食事と会話でつくられる」

超一流のビジネスパーソンは、食・健康への意識が高いことが知られています。
忙しい日々の中でも、大切にしたい食事と会話の時間!楽しい会話と食事、リラックスできるお茶時間など、現代において食事は栄養面だけでなく、心身の健康や幸福感、豊かな人間関係のためにとても重要です。味覚の研究や流通革命、食品添加物など、数多くの技術により、圧倒的に安く保存性の高い、おいしそうな食品があふれ、選択肢は広がりました。

しかし、私たち が口にするものがどのように生産・製造されているのか、どのようなものなのか、なぜこの値段なのか、正しい情報や自分に適した食品を選ぶことが難しくなってしまいました。だからこそ、発信力のある著書を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍されている食の専門家が、プロフェッショナル視点でいろいろな意見や考えを自由な立場で話すことができる日本食文化会議の存在は貴重であると考えます。同じような商品名にも関わらず中身や成分が違う、製法も分からないという状況が多くみられる昨今、心身の源となる食を活用するためには、食の知識や食リ テラシー(食を読み解く力)が必要です。

季節感や旬を大切にする、後世に残し たい日本の豊かな食文化を守るために、多くの人に幅広く食リテラシーを身につけていただきたい。まじめに良質な食品を提供している生産者さん、業者さんを守るためにも、子供への食育はもちろん、大学生や社会人のために、「未来をつくる食の投資、大人の食育」など、学べる機会を少しでも増やしていきたいと思います。
『一般社団法人 日本食文化会議』へ、ご賛同をお願いいたします。

監事 / 日本食文化学会設立準備委員会 委員長

川嶋舟Schu Kawashima

日本食文化(研究)学会設立によせて

「日本食文化会議」の設立にあわせ、「日本食文化(研究)学会」を発足致します。本学会の目的は、日本で培われてきた食文化について学術的、多角的にアプローチし、その歴史的価値の理解を深めること。さらに、科学的な飛躍を続ける最新の食文化において、作り手の工夫や技術を明らかにすることで、次世代の食文化を科学的にも発展させることにあります。

本学会は、日本食文化会議の会員は誰でも参加できるものであり、以下の3つを目指しております。

1)個人で取り組んできた食文化の研究活動を、学術レベルで捉えなおす。
2)最先端の研究から得られた知見を、日本の食文化にフィードバックする。
3)学術的な知見と科学的な裏付けをもって、現在進行形の日本の食文化を世界に伝える。そのために賛助会員と各会員の共同研究の場を設け、研究成果を商品化につなげる技術開発を行う。

以上三点を取り組むことで、日本における食文化研究をリードする総括的研究組織として社会貢献に寄与するものと考えております。

ページの先頭へ